×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カーボンヒーターの電気代

カーボンヒーターをご存知ですか。
カーボンヒーターは、ハロゲンヒーターなどと同じく電気ストーブの一種です。

電気ストーブとは、軽くて持ち運びが便利、また器具代も比較的安価なために気軽に使用できるのですが、他の暖房器具と比べると消費電力が高いため電気代が高くかかってしまいます。

カーボンヒーターなどの暖房器具を必要とする冬場は、1年間の中でも一番光熱費が高くなる季節で、暖房費が占める割合はとてもとても大きいものになりますね。ちなみに燃料費のコストは、石油<ガス<電気の順で高くなります。

とは言っても、一人でいる部屋全体をしっかりと暖めるのはとてもムダになりますよね。
また、仕事中や勉強中などでは、部屋全体を暖めてしまうと「何だか眠くなっちゃって…。」と、仕事や勉強がはかどらなくなってしまうのは逆効果になってしまって考えものですものね。

そこで足元などを部分的に暖めるスポット暖房が必要になってきます。
スポット暖房としては、やはり電気ストーブが手軽で便利なんだけど、電気代が高くついてしまう。と、堂々巡りになっていますよね。
ですが、カーボンヒーターならスポット暖房に便利な電気ストーブの中では、一番電気代が節約できるのですよ。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

カーボンヒーターとハロゲンヒーターの電気代比較

カーボンヒーターは、炭素繊維を封入した石英管が発熱体のため、普通の電気ストーブのニクロム線発熱体やハロゲンヒーターの発熱体であるハロゲンランプと比べて赤外線放射効率がとても高いのでカラダの芯までよく暖まり、なおかつ暖まったカラダは冷えにくくなるという効果が特徴です。

カーボンヒーターの赤外線放射量は、ハロゲンヒーターの約2倍の量があるのです。
ですから、カラダの暖まり方も約2倍になるので、カーボンヒーターと同等の性能のハロゲンヒーターと比較すると、消費電力は約半分で済むと言うことになるのですね。消費電力が半分と言うことは、電気代が半分に節約できるということなのです。

ちなみに、カーボンヒーターの効力を例えて言うなら、お風呂に入った後のカラダの芯がホカホカとした感じが継続すると言った暖かさです。

カーボンヒーターは、ハロゲンヒーターと比べて電気代が約半分。しかし、器具の価格は同等です。
しかも、カーボンヒーターの発熱体は、植物性炭素繊維なので環境にやさしいリサイクル可能な製品です。
電気ストーブでのスポット暖房をお考えなら、カーボンヒーターが確実におトクなのでオススメですね。

激安!家電のタンタンショップは一流メーカー品、新製品をインターネットショップ ナンバーワンの安さに挑戦!をモットーに毎日徹底した価格調査をおこなってます。テレビ・新聞・雑誌などにも紹介されている激安家電のタンタンショップならカーボンヒーターが勢揃いですね!

カーボンヒーターさらに電気代の節約方法

カーボンヒーターの電気代は、ハロゲンヒーターの約半分。
ですが、このカーボンヒーターでも長時間“強”で使用を続けると電気代もバカにできなくなってきますよ。

一般的なカーボンヒーターは、器具自体の能力もハロゲンヒーターの約半分くらいで、“弱”で200W前後、“強”で500W前後です。
それに比べてハロゲンヒーターなどは、“弱”で400W前後、“強”で1000W前後と、約倍の能力を必要としている器具が一般的です。

そしてカーボンヒーターは、カラダの芯から暖めてくれるスポット暖房ですので、上手に使えばもっと電気代も節約できるでしょう。
環境省がウォームビズを推奨していますよね。これは、オフィスだけではなく、家庭でも同じことなのですが、いくら暖房費節約だからと言っても、着膨れしていては動きが鈍くなりますし、肩こりがひどくなってしまいますよね。

しかし、人の体感温度に大きく影響を与えるカラダの部分である、首(頚部)、手首、足首の3つの首を上手に暖めると、着膨れせずに、しかも簡単で効果的に体感温度を上げることができますよ。

効果的な方法は、ハイネックやタートルネックなどの襟のつまった衣類を着て首を温める。
袖のすぼまった衣類を着て手首を温め、かつ体温を逃がさない。
厚手の靴下や靴下の重ね履きやレッグウォーマーで足首を温めながら、カーボンヒーターを側に置けば、“弱”の使用でも充分暖かく過ごせますし、3つの首から熱が逃げにくいので体感温度はかなり上げることができますよ。お試しくださいませ。



Copyright © カーボンヒーター電気代はどうなの? All Rights Reserved.

太陽光発電について